読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクと酒と…

バイクと酒と、その他もろもろ書いてます。

大阪府 難波 「スパディオ」に行ってきた

サウナ

 年末、少し忙しく予定もあまり立てずに大阪を訪れた俺。

 大阪市内でサウナのある宿泊施設を探していると、何軒か候補があった。

 そのうちの一つ、今まで泊まった事のない「スパディオ」に泊まる事にした。

 プロサウナーのトントン先生のブログに、少し残念と載っていたので回避しようと思っていたが、残念具合を見に行って欲しいとコメントを返して頂いたので行く事にした。

 f:id:majes:20170106084813j:image

 昼過ぎにチェックイン。

 カプセル宿泊料金は3800円。この施設は女性も利用出来る。

 早速ロッカーで館内着に着替えて、浴室のあるフロアへ。身体を洗ってまずは風呂へ。湯は地下1000mから湧き出る温泉で、打たせ湯、ジャグジー、ラドン湯、白湯、岩風呂と種類も豊富だ。

 サウナは、高温と塩サウナの2種類。高温サウナの中は温度は充分なのだが、トントン先生の仰る通り乾燥していた。

 立派なサウナストーブ上のサウナストーンに天井から自動で水が垂れるのだが、その量が少ないのだろう。 他の店でも同じ装置を見たが、もっと水の量は多く垂れていた。

 このサウナの独特な所は、個人用のサウナマットは無く、サウナ内には館内着のパンツを履いて入るようにと注意書きがあった。リネンの種類を少なくしてコストを下げているのだろう。    

 タオルと一緒にパンツが大量に浴室の入り口に 用意されていた。

 だが、いちいちパンツを履いてサウナに入り、 水風呂に入る前に脱ぐのは面倒くさい。タオルを数枚持って入り尻の下に敷いて、汗をサウナ内に残さなければ良いのではないかな?

 水風呂は、体感で20度は下回っているようで満足したが、種類が豊富な風呂に比べて狭いのが残念。

 外の岩風呂の側には外気浴スペースがある。近くの高層マンションから目隠しの為のすだれがあるのだが、所々壊れていて残念。

 建物の5階にあるので目の前を走る阪神高速15号堺線が近く感じる。近くの「アムザ」の外気浴スペースも同じように目の前が高速道路の風景だが、「アムザ」は6階なので少し開放感がある。

 サウナ→水風呂→外気浴を繰り返した後は、もっぱら岩風呂でゆっくりした。

 風呂から上がり、フロントでドリンク一杯サービス券を貰っていたので食堂へ。

 小ジョッキとはいえ、サウナ後のビールのサービスはイイね。しかし、カウンターで呑んでいると、目の前の厨房のコンロから何故か白い煙がもうもうと出て来たので、直ぐにその場を離れた。その後も普通に営業していたので大事には至らなかったらしいが、ゆっくりと呑めなかったので、やはり残念。

 それから外に呑みに行き、終電を過ぎてカプセルに帰還。翌朝寝坊してしまい、サウナと水風呂にささっと入ると、朝食を摂る時間が無くなってしまい、食堂は利用せずにチェックアウトした。

 振り返ると、温泉は良かったけど、サウナ→水風呂→外気浴はいまひとつで、「ととのう」事は無かった。

 トントン先生、残念具合が良く分かりました。