読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクと酒と…

バイクと酒と、その他もろもろ書いてます。

高知県四万十市にある温浴施設「いやしの里」に行ってきた

サウナ

 高知に帰省中の俺、サウナに入りたくなってしまい、検索してみたところ、近くにサウナのある温浴施設が二ヶ所ある事が分かった。

「平和な湯」と「いやしの里」だ。

 四万十温泉 平和な湯

 四万十いやしの里 | 【公式HP】四万十の宿

 どちらも四万十市内にあり、30分以内に行ける場所だ。

 今日は「いやしの里」に行くことにした。

「いやしの里」は市内からバスで30分程の四万十川の河口近くの下田にある。

f:id:majes:20170101194550j:image

 車で行くと15分位だろうけど、ビールを呑むことを想定してバスで行く。

f:id:majes:20170105160117j:image

 30分程で着いた。宿やレストランもあるようだ。

f:id:majes:20170105160309j:image

 近くにはキャンプ場もある。年末なのにキャンプ客も居た。

f:id:majes:20170105160331j:image

f:id:majes:20170105160424j:image

 中に入ると靴を脱ぎ、靴箱の鍵をフロントで渡しお金を払う。料金は680円。

 脱衣所には洗面とドライヤー、体重計、給茶機があって冷水が飲める。

 浴室は温泉と薬湯、サウナと水風呂。外の露天風呂は海水を沸かした湯で、隣はウッドデッキで外気浴も出来る。

 温泉は市内の安並と云う場所から運んで来ている。ちなみにそこには温泉スタンドがあって、50リットルを100円で誰でも買って帰る事が出来る。

 サウナは温度設定が低く80度程なので、汗を掻くには少し時間が必要だが、サウナ専門店では無いので仕方あるまい。

 それでも、水風呂は体感が17度位で俺には丁度良いのだが、他のお客さんは冷た過ぎるのか、隣の洗い場のシャワーヘッドを水風呂に突っ込んで、お湯を入れて温度を上げている人がいた。

 水風呂の後にウッドデッキのチェアで外気浴をしたのだが、冬とはいえこの日は少し暖かく丁度良い感じ。周りは自然がいっぱいだから、空気もうまい。それに小鳥のさえずりが常時聞こえているのが非常に良い。とても癒やされた。

 サウナ→水風呂→外気浴を数回繰り返し、今度は温泉→薬湯→水風呂→外気浴とルーティンの中に必ず外気浴が入るほど気に入ってしまった。

  2時間以上浴室に居た。大満足で風呂から上がり、ビールの自販機を探すが見当たらない。フロントで尋ねると、飲酒運転防止のためこの施設はアルコールの販売は無いとの事。

 この施設を利用する人の99%の人は、クルマで来ているのだろう。呑めないのならクルマで来れば良かった。

 帰りのバスまであと1時間以上あるので、2階の休憩室へ。リクライニングシートのある休憩室は誰もいなくて寛げた。

f:id:majes:20170106155432j:image

 前日訪れた高知市内の「高砂湯」よりさらに遠く、高知空港からだとクルマで3時間はかかるだろうが、最高の外気浴が出来るのでサウナファンや温泉好きな方にオススメですぞ。