読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイクと酒と…

バイクと酒と、その他もろもろ書いてます。

仙台のシマウマ酒店

俺は昔、数年間東北各地で仕事をしていた事がある。東京に帰ってきて何年も経つ今でも、まとまった休みには、東北の馴染みの街の酒場へ、気ままにふらりと行くことがある。

2年前の8月に、以前から気になっていた仙台市の居酒屋に行った。その店は中華料理と純米酒の燗酒がウリの店だ。中華と燗酒?と思う方もいらっしゃるだろうが、これが意外と合うのだ。あるようで無かった、そんな一風変わった店が仙台にある。俺は楽しみにしていた。

店の名前は「シマウマ酒店」という。行ってみると厨房には中華の料理人がいて、ホールにはお燗を付けるお燗番のお姉さんと、俺と同世代の店長と思しき男性が働いていた。

料理も美味しく、日本酒の種類も豊富で、全てきちんとお姉さんが燗を付けてくれる。

こんなカジュアルで気軽に入れる、良い感じの店が仙台にあったんだ…と嬉しくなっていると、ふとカウンターの張り紙に目が行った。

f:id:majes:20160920063618j:image

3名以上、3500円+500円で純米酒が飲み放題とある。これだと、俺や俺の友人達だと一人が最低でも五合以上は飲むから(燗酒だと冷酒より量が多く飲めるのデス)、お店としては儲けが少なくなるか、または赤字だ。おせっかいとは思いつつ、ホールの男性にその事を伝えると、「そんな事もあるかもしれませんが、たくさんの人に純米酒を飲んで頂けるなら、それはそれで良いんです」と言う。俺はその言葉を聞いて、このお店が好きになった。帰りがけ、男性に名刺を頂くとその人は社長だった。社長のIさんは「シマウマ酒店」の他にも仙台で飲食店やレストランを経営している。

 その2ヶ月後、東京の日本酒のイベントで偶然にも、Iさんと燗番娘のDさんに再会した。ちょうどそこに太田和彦さんが現れた。太田さんは居酒屋についての著書が多数あり、BS11で全国の居酒屋を探訪するテレビ番組に出演していて、日本酒業界では有名人だ。太田さんとは少し面識があったので、その場で仙台から来た二人を、太田さんに紹介する事ができた。太田さんが番組で「シマウマ酒店」を訪れて貰えると嬉しいな。