バイクと酒と…

バイクと酒と、その他もろもろ書いてます。

静岡県 「サウナしきじ」に行ってきた

 短時間ではあったが、あの「サウナしきじ」に行ってきた。

 バイクではこの時期寒いので電車で行った。

 静岡駅からは路線バスを利用する。

 静岡駅北口の11番乗り場から「登呂コープタウン」行きのバスに乗る。終点の「登呂コープタウン」からしきじまでは徒歩2〜3分。南口からのバスが近道ではあるが、本数が少ないのと、停留所から「サウナしきじ」まで遠いので、少し遠回りになるのだが、こちらのバスを利用している。所要時間は25分程で、運賃は280円。

静岡駅前|バス時刻表|なんじ?君 しずてつジャストラインのバス・電車時刻表案内

 f:id:majes:20170111095430j:image

 年末年始に、散々西日本各地のサウナに入ってきた後の「サウナしきじ」だが、さすがの貫禄で、外気浴が無くても水風呂だけでととのう。

 サウナはいつもの100度越えで、4回サウナと水風呂を往復した。

 薬草サウナにも入った。温度計は60度で楽勝だと思ったが、座面の下からスチームがかなり出ていて熱すぎて、5分ももたずに出てしまった。一緒に入っていた常連さんが、お店のスタッフに断って、しばらく扉を開けていた程だった。久しぶりに訪れたが、設備も進化して強力になっている様だ。

 薬草風呂に入ってぐたーっとして満足した俺は、2階の食堂へ。

 ビールと枝豆、味噌汁と名物の煮卵をオーダー。簡単な料理だけど、ここの食堂は一つ一つ手が込んでいて美味いのだ。

 味噌汁はプロサウナーの濡れ頭巾ちゃんが、世界一美味いとブログで絶賛しているので、ここに来ると毎回頼んでいる。ちゃんと出汁を取って作っている様に感じられて、具もたっぷり入っていて100円也。

 今夜泊まるならがっつり呑めるのだが、これから東京に帰るので、後ろ髪を引かれる思いだったがビールは一本でやめておいた。今度来るときは泊まりにしよう。

 

 

 

大阪府 「グランドサウナ心斎橋」に行ってきた

 大阪のサウナでもう一軒。

「グランドサウナ心斎橋」に行った。

 大阪・難波(なんば)のサウナ&カプセル|グランドサウナ心斎橋|女性専用カプセル有

 あまり期待をしていなかったが、サウナを名乗るだけあって施設は充実していた。

 6階にはレストランやレストルーム。

 7階が浴室。脱衣所にはミネラルウオーターの給水機。浴室は大浴場、気泡風呂、打たせ湯、露天風呂がある。

 サウナは高温と塩サウナがあった。冷却室もあったが使用されていないようだった。

 塩サウナの出口には自動のシャワーが完備されていた。センサーが敏感に反応して、近くを通るだけでもシャワーが出ていた。

 高温サウナの室内は広く、段差は三段。

 床全面にタオルが敷かれていて、個人用のタオル地マットも大量に用意されている。サウナはこれでなきゃね。

 温度計の針は、90度前後を指してあり、湿度もあるので満足。汗もすぐに噴き出し始めた。

 水風呂には水温計は無いが、体感で20度以下と思ったら、壁に設定温度17度と書いてあった。深さもあって、これなら数名が一度に入っても温度上昇は緩やかだろう。

 露天風呂の両サイドにはチェアがあって外気浴が出来た。冬の屋外の気温はサウナ好きにはたまらない。都会らしく、目に入ってくるのは隣のアパホテルの大きな看板だが、目隠しの壁がしょぼく無いので落ち着いてリラックス出来る。

 サウナ室の温度湿度の設定と、水風呂の設定温度、そして外気浴の合わせ技でととのった。

 次から大阪に来る時はここに泊まる事にしよう。

高知県黒潮町 「須賀留の湯治場」に行ってきた

 高知に帰省したら行ってみたいと思っていた、「須賀留の湯治場」に行ってきた。

 場所は四万十市の隣の黒潮町

 住所は「黒潮町鈴」となっているので、四万十市方面国道56号から県道25号に入り鈴集落を目指してクルマを走らせたが、随分と行き過ぎた所で気付いて引き返した。

f:id:majes:20170107123455j:imagef:id:majes:20170107123506j:imagef:id:majes:20170107123510j:image

 この「へ」の字の小さな看板が目印だった。

 消えているが「伝説の湧水」と書いてあるらしい。

 鉄道で来て徒歩や自転車で行く人はいないと思うが、最寄りの土佐佐賀駅からだと、ここまで7kmという所だろうか。かなりの急坂なので徒歩も自転車も厳しいですぞ。

 ここから海の方へ降りて行く道があるのだが、グーグルマップでは対応していなかったので分からなかった。この道は下り坂が急で曲がりくねっているので、クルマやバイクで訪れる方はご注意願いたい。

 道に迷い、大した距離でも無いのに2時間以上かかってやっと辿り着いた。

 f:id:majes:20170107124322j:image

 看板には硫黄泉水とある。火山の無いこの辺りでは珍しい。そういえば、以前行った事がある栃木県さくら市の早乙女温泉も火山が近くに無いのに硫黄泉だった。

 平家の落人や伊能忠敬が湯治をしたと書いてある。国道56号は山の方を通っているが、ひょっとすると昔は海沿いのこの辺りが遍路道でお遍路さんも入っていたのかも知れない。

f:id:majes:20170107124711j:image

 この様に1人入るのがやっとの五右衛門風呂が一つあるのだ。

f:id:majes:20170107124614j:image

 手前のタンクには湧水からホースで引っ張って来た硫黄泉水が入っているので、風呂に汲み入れた。

 そして海岸で薪を拾ってきて窯にくべ、持って来た新聞紙を丸めて火を付けた。

f:id:majes:20170107125335j:image

 思ったより薪が早く燃え尽きてしまい、何度か薪を拾いに海岸との間を往復した。

 1時間程で丁度良い温度になったので入ってみた。思ったより浅くて肩までは浸かれないが、苦労して自分で沸かした湯は、これまで入った事のある名湯と言われる草津、乳頭、道後の温泉よりもずっと良く思えた。いつも何気なく行く銭湯や温浴施設のありがたみを実感した。

 薪で沸かした湯だからだろうか、それとも硫黄泉だからか、順番待ちの方がいらしたのでほんの短時間しか浸からなかったのに、時間が経っても身体は暖かいままで、3時間ほどはTシャツで過ごしていた。 

 

国道56号から県道25号の目印の「へ」の字の看板まで。

f:id:majes:20170107134907p:image 

「へ」の字の看板と湯治場の位置関係。

f:id:majes:20170107134817p:image

 

 

 

 

 

四万十市の温浴施設「平和な湯」に行ってきた

 高知に帰省中の俺。

 夜に酒を呑むことしか楽しみも無く、日中はやる事もないので、

「サウナに行こう!」

 というわけで、一昨日、昨日に引き続き、今日は四万十市の中心部に近い「平和な湯」に行ってきた。

f:id:majes:20170107103345j:image

 入館料は600円だ。安い!この価格だからタオルも館内着もついてない。洗い場にはシャンプーや石鹸も無いのでご注意を。ちなみに手ぶらセットは250円。

 靴箱の鍵と引き換えにロッカーの鍵をもらい脱衣所へ。

 脱衣所の設備は、ロッカー、洗面、ドライヤー(無料)、給水機(コップは使い回しなので気になる人は持参した方が良いかも)、体重計。

 ここは15年ほど前に、オープンしたスーパー銭湯で、地下1200mから湧き出る温泉だが、湧出量が少ないのか源泉掛け流しでは無い。

 だが、風呂の種類は豊富だ。大浴槽、露天風呂、気泡湯、シェイプアップバス、リラックスバス、樽風呂、歩行湯、打たせ湯、水風呂が2つもある。

 特筆すべきは、シェイプアップバスで、ジェットの勢いがかなり強い。中々この勢いにお目にかかる事は無い。強過ぎて長時間やると逆に筋肉痛になりそうだ。水深もそこそこあるのでお年寄りや子供には危険ですぞ。

 お目当のサウナは、室温は90度と申し分ない。タオルは敷き詰められておらず、各々がタオル地のサウナマットを尻に敷いていた。夕方近くになり、そのタオル地のマットが無くなると、発泡ポリエチレンのマットを敷いていた。タオル地のマットが補充されない所を見ると、1日何枚と決まっているらしい。

 サウナ入口近くの水風呂の水温は、体感で20度を下回っていると感じられた。浴槽が小さくて2人が入ると満員だ。だが、外にはもう1つ水風呂があって、こちらは広い。水温は少しだけ中の水風呂より高めだが、空を見上げながら入れるのが良い。

 側にはチェアもあるので外気浴が出来る。「いやしの里」の様に小鳥のさえずりは聞こえないが、都会では味わえない様な空気の清浄さは同じだ。

 休憩室は和室の広間で、それほど混んでいなかった。温浴施設の和室の広間にありがちな、カラオケは無いので割と寛げた。

 ロビーにはビールの自販機があるので、「いやしの里」の様にアルコールが呑めない事は無い。

 食事はレストランが少し離れた所に併設されていて、風呂に入らない人も利用出来るようにフロントを通らない外からの入口があった。

 サウナが思ったより温度が高めだったのと、水風呂と外気浴が気持ち良かったので2日連続で行ってしまった。

 

高知県四万十市にある温浴施設「いやしの里」に行ってきた

 高知に帰省中の俺、サウナに入りたくなってしまい、検索してみたところ、近くにサウナのある温浴施設が二ヶ所ある事が分かった。

「平和な湯」と「いやしの里」だ。

 四万十温泉 平和な湯

 四万十いやしの里 | 【公式HP】四万十の宿

 どちらも四万十市内にあり、30分以内に行ける場所だ。

 今日は「いやしの里」に行くことにした。

「いやしの里」は市内からバスで30分程の四万十川の河口近くの下田にある。

f:id:majes:20170101194550j:image

 車で行くと15分位だろうけど、ビールを呑むことを想定してバスで行く。

f:id:majes:20170105160117j:image

 30分程で着いた。宿やレストランもあるようだ。

f:id:majes:20170105160309j:image

 近くにはキャンプ場もある。年末なのにキャンプ客も居た。

f:id:majes:20170105160331j:image

f:id:majes:20170105160424j:image

 中に入ると靴を脱ぎ、靴箱の鍵をフロントで渡しお金を払う。料金は680円。

 脱衣所には洗面とドライヤー、体重計、給茶機があって冷水が飲める。

 浴室は温泉と薬湯、サウナと水風呂。外の露天風呂は海水を沸かした湯で、隣はウッドデッキで外気浴も出来る。

 温泉は市内の安並と云う場所から運んで来ている。ちなみにそこには温泉スタンドがあって、50リットルを100円で誰でも買って帰る事が出来る。

 サウナは温度設定が低く80度程なので、汗を掻くには少し時間が必要だが、サウナ専門店では無いので仕方あるまい。

 それでも、水風呂は体感が17度位で俺には丁度良いのだが、他のお客さんは冷た過ぎるのか、隣の洗い場のシャワーヘッドを水風呂に突っ込んで、お湯を入れて温度を上げている人がいた。

 水風呂の後にウッドデッキのチェアで外気浴をしたのだが、冬とはいえこの日は少し暖かく丁度良い感じ。周りは自然がいっぱいだから、空気もうまい。それに小鳥のさえずりが常時聞こえているのが非常に良い。とても癒やされた。

 サウナ→水風呂→外気浴を数回繰り返し、今度は温泉→薬湯→水風呂→外気浴とルーティンの中に必ず外気浴が入るほど気に入ってしまった。

  2時間以上浴室に居た。大満足で風呂から上がり、ビールの自販機を探すが見当たらない。フロントで尋ねると、飲酒運転防止のためこの施設はアルコールの販売は無いとの事。

 この施設を利用する人の99%の人は、クルマで来ているのだろう。呑めないのならクルマで来れば良かった。

 帰りのバスまであと1時間以上あるので、2階の休憩室へ。リクライニングシートのある休憩室は誰もいなくて寛げた。

f:id:majes:20170106155432j:image

 前日訪れた高知市内の「高砂湯」よりさらに遠く、高知空港からだとクルマで3時間はかかるだろうが、最高の外気浴が出来るのでサウナファンや温泉好きな方にオススメですぞ。

 

 

 

 

高知市の老舗サウナ「高砂湯」に行ってきた

 年末に高知に帰省した。

 高知駅に到着して迎えが来るまで少し時間があったので、以前から気になっていた老舗のサウナ「高砂湯」に行った。

 高知駅から歩いていける距離だ。

 一階には銭湯、二階にはサウナがあり、銭湯は昼から、サウナは朝から営業している。

f:id:majes:20170102162853j:image

f:id:majes:20170105154040j:image

 二階に上がって自動ドアを入ると、靴を脱ぎ銭湯風の下駄箱に入れる。

 フロントでお金を払う時、女将さんに前から来たかったと伝えると、

「地味にやってるだけですから」と謙遜されてしまった。

 入場料は600円。当然この料金なのでタオルや館内着は付いて無い。貸しタオルはあるとの事。

 数人の常連さんが休憩室で、競輪グランプリのテレビ中継を見て、皆さん真剣に予想していた。この雰囲気、かなりディープだ。

 脱衣所には洗面、ドライヤー(20円)、浴室の入り口には給水機、体重計がある。

f:id:majes:20170104192223j:image

 サウナは高温とスチームの2種類があった。

 創業以来使用されていると思われる高温サウナの中の温度計の表示は80度だが、もっと上がっているような気がする。充分な温度で、汗も吹き出す。

 サウナストーブはブリキの板で、ほぼ壁一面が覆われていて見る事は出来ない。

 テレビはあるが12分計は無くて、砂時計があるのみだ。

 スチームサウナは高温サウナにくらべて温度が低く、汗があまり出そうに無いので覗いただけ。

 浴室は広い。水風呂、打たせ湯、ジェット風呂、電気風呂は贅沢に二箇所もある。

 高温サウナの入口の近くに、玄関の呼鈴のスイッチがあり、「打たせ湯」と書いてあるので押してみると、かなり離れた湯船の上から勢いよく湯が飛び出してきた。

 洗い場の椅子は、みかげ石で出来ていて造り付けになっている。昔のサウナはこれが一般的だったのだろうか?珍しい。初めて見た。

 特に、水風呂がいい!それほど大きくはないが深さがあるので温度の変化が少ない。温度計は無いが体感で20度は下回っている感じだ。また、井戸水を使っているのだろうか、水質も良い。

 外気浴は出来ないが、サウナと水風呂で満足した。

 昭和レトロな趣きの「高砂湯」だが、ホームページにはなるほど、昭和29年創業と書かれていた。にわかサウナファンなので何ともいえないが、こんな渋いサウナは日本でも貴重な存在なのでは?

 高知は、よそから来るには遠いが、この店は全国のサウナファンの方に是非訪れて欲しい。 

 

 

大阪府 難波 「スパディオ」に行ってきた

 年末、少し忙しく予定もあまり立てずに大阪を訪れた俺。

 大阪市内でサウナのある宿泊施設を探していると、何軒か候補があった。

 そのうちの一つ、今まで泊まった事のない「スパディオ」に泊まる事にした。

 プロサウナーのトントン先生のブログに、少し残念と載っていたので回避しようと思っていたが、残念具合を見に行って欲しいとコメントを返して頂いたので行く事にした。

 f:id:majes:20170106084813j:image

 昼過ぎにチェックイン。

 カプセル宿泊料金は3800円。この施設は女性も利用出来る。

 早速ロッカーで館内着に着替えて、浴室のあるフロアへ。身体を洗ってまずは風呂へ。湯は地下1000mから湧き出る温泉で、打たせ湯、ジャグジー、ラドン湯、白湯、岩風呂と種類も豊富だ。

 サウナは、高温と塩サウナの2種類。高温サウナの中は温度は充分なのだが、トントン先生の仰る通り乾燥していた。

 立派なサウナストーブ上のサウナストーンに天井から自動で水が垂れるのだが、その量が少ないのだろう。 他の店でも同じ装置を見たが、もっと水の量は多く垂れていた。

 このサウナの独特な所は、個人用のサウナマットは無く、サウナ内には館内着のパンツを履いて入るようにと注意書きがあった。リネンの種類を少なくしてコストを下げているのだろう。    

 タオルと一緒にパンツが大量に浴室の入り口に 用意されていた。

 だが、いちいちパンツを履いてサウナに入り、 水風呂に入る前に脱ぐのは面倒くさい。タオルを数枚持って入り尻の下に敷いて、汗をサウナ内に残さなければ良いのではないかな?

 水風呂は、体感で20度は下回っているようで満足したが、種類が豊富な風呂に比べて狭いのが残念。

 外の岩風呂の側には外気浴スペースがある。近くの高層マンションから目隠しの為のすだれがあるのだが、所々壊れていて残念。

 建物の5階にあるので目の前を走る阪神高速15号堺線が近く感じる。近くの「アムザ」の外気浴スペースも同じように目の前が高速道路の風景だが、「アムザ」は6階なので少し開放感がある。

 サウナ→水風呂→外気浴を繰り返した後は、もっぱら岩風呂でゆっくりした。

 風呂から上がり、フロントでドリンク一杯サービス券を貰っていたので食堂へ。

 小ジョッキとはいえ、サウナ後のビールのサービスはイイね。しかし、カウンターで呑んでいると、目の前の厨房のコンロから何故か白い煙がもうもうと出て来たので、直ぐにその場を離れた。その後も普通に営業していたので大事には至らなかったらしいが、ゆっくりと呑めなかったので、やはり残念。

 それから外に呑みに行き、終電を過ぎてカプセルに帰還。翌朝寝坊してしまい、サウナと水風呂にささっと入ると、朝食を摂る時間が無くなってしまい、食堂は利用せずにチェックアウトした。

 振り返ると、温泉は良かったけど、サウナ→水風呂→外気浴はいまひとつで、「ととのう」事は無かった。

 トントン先生、残念具合が良く分かりました。